無痛治療

  • 電話をかける
  • Web予約
  • 地図を見る

TOP > 無痛治療

とう歯科医院の「無痛治療」

さとう歯科医院の「無痛治療」

一般的に無痛治療とは、「麻酔をして痛みを感じなくさせて行う」治療のことを言いますが、麻酔をして痛みをなくしてしまった場合、以下のようなトラブルにつながる可能性があります。

  • 痛まないがゆえに本来削る必要のない歯までを削ってしまう
  • 痛みを感じやすい歯も通常の削り方をして、治療後に痛みが出てしまう

麻酔で痛みをごまかす無痛治療はリスクを伴うため、当院は適切な「無痛治療」だとは考えていません。では適切な「無痛治療」とは何なのか?
――それは、鎮静処置などは最低限に抑え、患者様の口腔内や全身の状態をよく診ながら、高度な医療技術にて極力痛みを感じさせない手法で治療を行うことです。

福岡県朝倉市の歯医者「さとう歯科医院」では、過剰に麻酔を使うことなく先端技術・機器を駆使した無痛治療を行っています。

レーザーによる無痛治療

レーザーによる無痛治療

レーザー治療は、レーザー光を照射することで、殺菌・蒸発・止血・鎮痛などの効果を得ることができる治療のことです。
通常の治療と比べて痛みが少ないため、麻酔の使用量を少なくすることができ、治療後の痛み、腫れが少ないという特徴があります。虫歯や歯周病の治療や知覚過敏、口内炎の治療などに幅広く活用することができます。

無痛治療のポイント

ポイント1 信頼関係を作る

ポイント1 信頼関係を作る

同じような処置をしても痛みを感じない患者様もいれば、痛みを感じやすい患者様もいます。
痛みを感じやすい要因は精神的な面が大きいと言われており、「痛くされるんじゃないか?」といった恐怖心から、痛みに対して敏感になってしまうこともあるのです。

当院では、患者様にできるかぎりリラックスして治療をお受けいただけるよう、しっかりコミュニケーションをとり、信頼関係を築いたうえで診療を行っています。

ポイント2 早期発見・早期治療

ポイント2 早期発見・早期治療

虫歯で歯を削ることになってしまっても、軽度の虫歯の場合は治療時に痛みが出ることはほとんどありません。虫歯は進行すると痛みを伴い、治療時も痛みが出てしまいます。虫歯は早期発見により、治療時の痛みを抑えることができます。
定期的にお口のチェックを行い、早期発見・早期治療を心がけましょう。

ポイント3 先端医療機器の使用

ポイント3 先端医療機器の使用

当院では、麻酔などの鎮静処置を最小限にし、医療用レーザーをはじめ先端医療機器を用いることで、痛みをできるかぎり抑えた無痛治療を行っています。

当院に関するご質問・診療予約はこちら

診療メニュー

審美歯科

入れ歯(義歯)

さとう歯科医院の想い

アクセス

〒838-0068 福岡県朝倉市甘木2020-2

歯科衛生士さん募集

歯科タウン

TOP