小児歯科

  • 電話をかける
  • Web予約
  • 地図を見る

TOP > 小児歯科

子様の歯を守ってあげましょう

お子様の歯を守ってあげましょう

生えたてのお子様の歯は弱く、大人よりも大きな「虫歯になるリスク」を抱えています。しかし、お子様が小さいうちは自分自身の歯を適切にケアすることはできません。
お子様に代わり、歯の健康を守ってあげることは、親御様の大切な役目です。歯の健やかな成長を促し、生涯にわたりお子様が歯の健康を保てるよう導いてあげましょう。

福岡県朝倉市の歯医者「さとう歯科医院」では、親御様と一緒にお子様のお口の健康をサポートするお手伝いをしています。
お子様の歯やお口のことでお悩みの親御様は、一度当院までご相談ください。

お子様の虫歯を防ぐために

お子様の虫歯を防ぐためには、親御様のご協力が必要です。
生涯にわたり歯の健康を保てるように、親御様がしっかりサポートしてあげましょう。

口腔ケアの習慣づけ

口腔ケアの習慣づけ

  • 乳幼児期は、ガーゼで軽く歯を磨いてあげましょう。食後の口腔ケアを習慣づけることが大切です。
  • 言葉が理解できるようになったら、少しずつ口腔ケアの大切さを教えてあげましょう。
仕上げ磨き

仕上げ磨き

  • 小さいお子様だけの歯磨きだけでは不十分。
    きちんと磨けていない場合がありますので、親御様が仕上げ磨きでサポートしてあげましょう。
お子様のクセにも気を付けましょう

お子様のクセにも気を付けましょう

成長過程の子どもの歯や顎は柔軟性があり、偏った負荷のかかるクセがあると、歯や顎の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。お子様に以下のようなクセがないか確認し、気になるクセがある場合は、早めにやめさせましょう。

・指しゃぶり:出っ歯・受け口になる
・咬むクセ(爪咬みなど):歯や顎の成長の妨げになる
・頬杖をつく:歯や顎の成長の妨げになる
・舌のクセ(舌で歯を押す・舌が出ている):歯並びが乱れる
・口呼吸:歯並びが乱れる

小児歯科の診療メニュー

歯磨き指導

歯磨き指導

お子様の歯の成長や歯並びに合わせて、適切な歯磨き方法を指導します。
親御様には、仕上げ磨きの仕方や歯ブラシの選び方を指導します。
わからないこと、困っていることがあれば、お気軽にご相談ください。

シーラント

シーラント

生えて間もない奥歯の永久歯(6歳臼歯)には細かな溝が多数あります。
ここは食べカスがたまりやすく虫歯になりやすいところ。
シーラントは、レジン(歯科用プラスチック樹脂)で溝をあらかじめふさぐ処置で、虫歯を防ぐことができます。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯の再石灰化を促す働きがあります。
特に生え変わったばかりの歯は歯質が柔らかく虫歯になりやすいため、フッ素塗布が有効です。
ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布で治ることもあります。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

永久歯の本数は、親知らずを除いて28本。
それよりも多く生えてきた歯を「過剰歯(かじょうし)」と言います。
過剰歯は歯並びを乱したり、永久歯の正常な成長を邪魔したりする恐れがあるため、ほとんどのケースで抜歯します。

健康な歯を保つために~予防歯科~

健康な歯を保つために~矯正歯科~

当院に関するご質問・診療予約はこちら

診療メニュー

審美歯科

入れ歯(義歯)

さとう歯科医院の想い

アクセス

〒838-0068 福岡県朝倉市甘木2020-2

歯科衛生士さん募集

歯科タウン

TOP